はじめての会社設立ガイドトップ >> 手続きと申請について >> 助成金って?

助成金って?

助成金って?

会社設立といえば、知っておきたいのが「助成金」です。

「助成金」と言うのは、簡単に書くと「国から貰うことができるお金」のことで、これには返済の必要がありません。

助成金には二つの種類がありますが、ひとつが「経済産業省の助成金」で、もうひとつが「厚生労働省から貰うことができる助成金」です。

この二つにはそれぞれ特徴があり、「経済産業省の助成金」と言うのは「研究」「開発」などに充てられる助成金のことで、種類も支給される額も結構多いみたいです。

しかし、審査の対象が「ビジネスモデル」と言うことでかなりハードルも高く、申請しても通らない事が多々あると言われています。

もうひとつの「厚生労働省から貰うことができる助成金」ですが、こちらは比較的通りやすく、労働基準法に触れない限りはまず支給されるそうです。

助成金の種類を挙げてみると、「中小企業基盤人材確保助成金」「自給資格者創業支援助成金」「短時間労働者均衡処遇助成金」「試行雇用助成金」「実習型雇用支援事業」などがあります。

「中小企業基盤人材確保助成金」と言うのは「会社を設立する時に250万円を越える経費と、年収が350万円以上の従業員を雇った時にもらえるもの」で、一人に対し140万円の支給を受けることができます。

また、「自給資格者創業支援助成金」と言うのは「失業保険を受け取っている人が会社を設立した時にもらえる助成金」のことで、設立にかかったお金の三分の一を貰うことが可能です。

「短時間労働者均衡処遇助成金」は、アルバイトが健康診断を行った時などに、貰うことができるもので、40万円から220万円のお金を受け取ることができます。

他にも助成金には様々な種類がありますので、受けられる可能性があるものについてはぜひ申請をしてみて欲しいと思います。

会社設立は何かとお金がかかるものですので、助成金を受け取ることができれば心強いと思います。

会社設立を考えている人は、助成金のことも調べてみて下さい。

会社設立はプロにお任せ!

会社の設立には「会社設立登記申請書」「OCR申請用紙」「登録免許税納付台紙」「印鑑届書」など、様々な書類の作成、手続きが必要になります。

やはり、会社設立は専門家に任せるのが一番です。

はじめは自分でやろう!と思っていたけれど、書類をひとつ作成するにしても、案外時間がかかるものです。

今は、やるべきことの優先順位をつけて実行するほうが、効率が良い!ということになるでしょう。

やはりプロにまかせたほうが、安く、早く、確実に、そして楽に会社設立が出来るのです。

もしあなたが会社設立をする予定があるのなら、
格安報酬\12,800の株式会社設立で経費節減!

はじめての会社設立ガイドは、あなたの会社設立にお役立てください。

ピックアップ!:今、会社を設立する人が増えています

最近「会社設立をしたい」と言う若者が増加傾向にあり、実際色々な所で「自分で会社を設立した」と言う話を・・・