はじめての会社設立ガイドトップ >> 手続きと申請について >> 登記申請って?

登記申請って?

登記申請って?

会社設立に欠かすことができないものと言えば「登記申請」ですよね。

登記申請を行う「法務局(登記所と言う呼ばれ方をすることもあります)」は市町村にありますので、ここのお世話になることになります。

なぜ会社を造る時に登記をしなければならないのかと言うと、その会社と取引などを行いたいと言う人が情報を閲覧できる様にする為です。

これは「個人事業主」との大きな差で、登記して会社の情報を誰もが知ることができることで、相手側に「信用」「信頼」を与えることができます。

登記申請に必要な書類は「登記申請書」「登録免許税納付用台紙」「印鑑届書」「登記所で貰う登記用紙」「定款」「社員総会議事録」「取締役の就任承諾」「監査役の就任承諾」「取締役会議事録」「代表取締役就任の書」「取締役印鑑証明」「調査書」「出資払い込み保管証明書」です。

この他、当事者ではなく代理人に手続きを行ってもらう場合は「委任状」などが必要になりますので、必ず用意する様にして下さい。

登記は電話などですることができないので必ず「書類を法務局に持っていって申請する必要がある」他、期限がありますのでその日までに行う必要もあります。

登記の期限は取締役や監査役を調べてから14日以内ですので、忘れないように必ず登記を行ってください。

また、登記申請に必要な書類に関しては法務局などに聞けば解りますし、時間がない場合は代行屋などに頼むと言う方法もあります。

代行屋はプロですので迅速に仕事を進めてくれますし、初心者に解り易い様に手続きの説明もしてくれますので、「登記にかける時間があまりない」と言う人にお勧めです。

インターネット上には、この様な会社設立の代行を行ってくれる会社がたくさんありますので、ぜひ頼ってみて欲しいと思います。

登記は提出しなければならない書類も非常に多いので大変ですが、これを越えなければ会社設立をすることはできません。

ぜひ頑張ってみて欲しいと思います。

会社設立はプロにお任せ!

会社の設立には「会社設立登記申請書」「OCR申請用紙」「登録免許税納付台紙」「印鑑届書」など、様々な書類の作成、手続きが必要になります。

やはり、会社設立は専門家に任せるのが一番です。

はじめは自分でやろう!と思っていたけれど、書類をひとつ作成するにしても、案外時間がかかるものです。

今は、やるべきことの優先順位をつけて実行するほうが、効率が良い!ということになるでしょう。

やはりプロにまかせたほうが、安く、早く、確実に、そして楽に会社設立が出来るのです。

もしあなたが会社設立をする予定があるのなら、
格安報酬\12,800の株式会社設立で経費節減!

はじめての会社設立ガイドは、あなたの会社設立にお役立てください。

ピックアップ!:合同会社と株式会社

会社設立について調べてみると、「株式会社」の他に「合同会社」と言う名前を見ることがあります。 「合同・・・