はじめての会社設立ガイドトップ >> 手続きと申請について >> 定款認証手続きって?

定款認証手続きって?

定款認証手続きって?

まず、「定款」についてお話をしてみたいと思います。

「定款」と言うのは、 会社の決まりごとや運営の方法などを記したもので、会社設立の際は絶対に作らなければならないものです。

確かに、何のルールも無い会社はこの世に存在しませんし、運営の方法はこれから会社を経営していく上で必ず必要になるものです。

定款はつまり「会社の基本」「ベース」になるもので、認証を受けた後はここの書いてあること以外の仕事をすることはできなくなりますので、注意が必要です。

定款に書いてあるのは「称号」「事業目的」「資本金」などで、これを記載して公証人役場に提出し、認証を受ける必要があります。

ここで、定款に記載されている事項ついてご説明してみましょう。

まず、定款の認証を受ける際に必ず記載しなければならない「絶対的記載事項」、あえて記載する必要はありませんが、書かなければその活動を行うことはできない「相対的記載事項」、定款にきちんと明記することでより強い効力を得ることができる「任意的記載事項」などがあります。

これらの事項をどう明記するのか、またどんな決まりごとを作るのかを考えなければならない定款は、会社設立をする時に必要な手続きの中でも非常に大切なものです。

そして「定款認証」ですが、これは定款が正しい形で作られているかどうかをチェックしてもらうことで、以下のものを公正証書にもって行きます。

「三枚の定款」「発起人の印鑑&印鑑証明」「代表者を決める場合は委任状」、またこれに対してかかる費用が「公証人定款認定手数料 50000円」「定款に貼る収入印紙40000円」「定款の謄本交付手数料 数千円」などが必要ですので、忘れない様に必ずもっていく様にして下さい。

また、この定款認証を電子定款認証にする場合は「定款に貼る収入印紙 40000円」がかかりませんので、節約することができます。

会社設立にかかるお金を少しでも安くしたい!と言う場合は、この電子定款認証にすると良いのではないでしょうか。

会社設立はプロにお任せ!

会社の設立には「会社設立登記申請書」「OCR申請用紙」「登録免許税納付台紙」「印鑑届書」など、様々な書類の作成、手続きが必要になります。

やはり、会社設立は専門家に任せるのが一番です。

はじめは自分でやろう!と思っていたけれど、書類をひとつ作成するにしても、案外時間がかかるものです。

今は、やるべきことの優先順位をつけて実行するほうが、効率が良い!ということになるでしょう。

やはりプロにまかせたほうが、安く、早く、確実に、そして楽に会社設立が出来るのです。

もしあなたが会社設立をする予定があるのなら、
格安報酬\12,800の株式会社設立で経費節減!

はじめての会社設立ガイドは、あなたの会社設立にお役立てください。

ピックアップ!:会社を作ることのメリット

会社を作らなくても、仕事をすることはできます。 世の中には「個人事業主」と言うシステムもありますが、・・・