はじめての会社設立ガイドトップ >> 会社設立のポイント >> 合同会社と株式会社

合同会社と株式会社

合同会社と株式会社

会社設立について調べてみると、「株式会社」の他に「合同会社」と言う名前を見ることがあります。

「合同会社」と言うのは、平成18年に新しく作られた「新会社法」の中の新しいシステムのことですが、株式会社との決定的な差は「資本・経営が一本化されている」と言うことです。

株式会社の場合、まず出資してくれる人を集めて資金を作り、そこで初めて「会社」として認められます。

つまり、出資した人が会社の経営者(社長)ではないことも多くなっており、社長と出資者が完全に分離していることも珍しくありません。

しかし、合同会社の場合は「出資した人」が経営者となりますので、「経営」と「資本」が一緒になっていると言う訳です。

株式会社の場合は「出資したい」と言う人から出資を受けても、会社の経営にその人を加えると言うことにはなりません。

それに対し、合同会社の場合は「出資を受ける=会社の経営に加わる」と言うことになりますので、この辺の差を理解しておかないと後々トラブルを招くことになりかねません。

「合同会社を作りたいな」と考える場合は、このシステムをしっかり勉強しておくことが必要だと言うことですね。

また、合同会社と株式会社では「知名度」が異なりますので、より高い信頼を得たい場合は「株式会社」をお勧めします。

会社の知名度が高いことはクライアントにとって「安心感」にも繋がりますので、相手に「しっかり信用してもらいたい」と考えるなら株式会社の方が良いでしょう。

株式会社と合同会社ではメリットが異なりますので、自分が設立したいと考えている会社の理想に併せた設立方法を考えてみて下さい。

会社によっては、株主総会などを開く必要が無い合同会社の方が都合はいいこともあります。

合同会社の方が身軽で、手間がかからないと言う見方もすることができます。

会社設立の方法で、会社のイメージなどがガラリと変わってしまうことも事実ですので、事前に良く調べて「どんな会社にするのか」を考えることをお勧めしたいです。

会社設立はプロにお任せ!

会社の設立には「会社設立登記申請書」「OCR申請用紙」「登録免許税納付台紙」「印鑑届書」など、様々な書類の作成、手続きが必要になります。

やはり、会社設立は専門家に任せるのが一番です。

はじめは自分でやろう!と思っていたけれど、書類をひとつ作成するにしても、案外時間がかかるものです。

今は、やるべきことの優先順位をつけて実行するほうが、効率が良い!ということになるでしょう。

やはりプロにまかせたほうが、安く、早く、確実に、そして楽に会社設立が出来るのです。

もしあなたが会社設立をする予定があるのなら、
格安報酬\12,800の株式会社設立で経費節減!

はじめての会社設立ガイドは、あなたの会社設立にお役立てください。

ピックアップ!:今、会社を設立する人が増えています

最近「会社設立をしたい」と言う若者が増加傾向にあり、実際色々な所で「自分で会社を設立した」と言う話を・・・