はじめての会社設立ガイドトップ >> 会社設立のポイント >> 一人でもできるの?

一人でもできるの?

一人でもできるの?

結論から言うと、会社設立は一人からでもできます。

以前の法律だと、株式会社の場合は「取締役三人、監査一人」が必要となり、この条件を満たすことができない場合は「有限会社」にするしかありませんでした(有限会社は、取締役一人から会社設立が可能)。

しかし、「新会社法」が設立され、実質「有限会社」が姿を消したことを踏まえ、株式会社の場合でも「取締役一人」でも会社設立をすることが可能になったのです。

「新会社法」では、他にも「株式会社を設立する場合に必要な資本金は1000万円」「有限会社の資本金は300万円」などの条件を撤廃し、「資本金一円から会社設立が可能」としました。

こうした条件の変更により、会社設立が身近なものになったのです。

今では一人で開業し、経営をはじめとするすべてを一人で請け負っている場合も少なくありません。

しかし、実質的に「一人から開業が可能」でも、会社設立の為の登録や商人などを全部一人で行うのは大変です。

一人でやるという事はその分多くの手間もかかりますので、そこに加えて登録などを行うと言うのはかなりの時間のロスになります。

そんな時は、代行会社に「会社設立」を請け負ってもらうことをお勧めします。

代行会社では、会社設立の為の必要な面倒な手続きを全て請け負ってくれますし、会社設立に必要な手順についてもわかる様に説明してくれます。

個人事業をしていて「いずれ株式会社にしたいけれど、時間がなくてなかなか株式会社にする為の手続きをすることができない」と言う人は、ぜひこの様な代行業者に依頼してみて欲しいです。

確かに一人でも会社設立をすることは可能ですが、初めて会社設立をするとなると不安も付きまとうはず。

会社設立に必要な作業は細かいことも多いので、途中で挫折してしまう人も少なく無いと言います。

代行業者はプロですし、手早く登録や認証を行うことができるコツを知っていますので、かなり頼りになると思いますよ。

会社設立はプロにお任せ!

会社の設立には「会社設立登記申請書」「OCR申請用紙」「登録免許税納付台紙」「印鑑届書」など、様々な書類の作成、手続きが必要になります。

やはり、会社設立は専門家に任せるのが一番です。

はじめは自分でやろう!と思っていたけれど、書類をひとつ作成するにしても、案外時間がかかるものです。

今は、やるべきことの優先順位をつけて実行するほうが、効率が良い!ということになるでしょう。

やはりプロにまかせたほうが、安く、早く、確実に、そして楽に会社設立が出来るのです。

もしあなたが会社設立をする予定があるのなら、
格安報酬\12,800の株式会社設立で経費節減!

はじめての会社設立ガイドは、あなたの会社設立にお役立てください。

ピックアップ!:会社を作ることのメリット

会社を作らなくても、仕事をすることはできます。 世の中には「個人事業主」と言うシステムもありますが、・・・