はじめての会社設立ガイドトップ >> 会社をつくろう >> 会社設立費用って?

会社設立費用って?

会社設立費用って?

会社設立について調べていると、必ずといっていいほど「会社設立費用」と言う言葉が出てきます。

「会社設立費用」と言うのは、その名の通り「会社を設立する際にかかる費用」のことで、最低限必要になるお金のことを指します。

会社設立には色々な方法がありますが、自分で全ての手続きをする場合にかかってくる費用は「定款の認証にかかる料金50,000円」「定款に張らなければならない収入印紙 40.000円」「定款謄本を取る為に必要なお金1,900円」「登録免許税 150,000円」などです。

会社設立の方法について書いているサイトを見ると、「現在、株式会社は1円からでも設立できる」と書かれているので、「じゃあ、あれは嘘なの?」と誤解する人もいるかもしれませんね。

「会社設立」は1円からでも可能ですが、これはあくまで「資本金」の話であって、株式会社を作るなら上記の様な手続きにかかるお金は必ず負担しなければなりません。

つまり、会社設立を考えるなら「手続きにかかるお金は貯めておく必要がある」と言うことになります。

また、会社設立をするなら「業者に面倒な手続きを全てやってもらう」と言う方法もあります。

業者に仕事を依頼した場合、意外なことに上記に記した費用が安くなる場合もある様です。

会社を設立する場合、やることが次から次へと出てきますので、「手続きまで手が回らない」と言う人は業者に依頼すると良いでしょう。

会社設立の登録などを行ってくれる業者は、インターネットで調べるとかなりの数がヒットしますので、料金やその会社の場所、サービス内容などを良く比較した上で「どの会社に頼むか」を考えてみて下さい。

サービス内容は、会社によって異なることが非常に多いので良く見て選ぶ必要があります。

「会社設立に必要な登録作業」をすることで、一通りの手順を学ぶことができるのは勉強になりますが、会社を立ち上げると言うのはそれを学ぶことが目的ではないはず。

「時間的な余裕が無い」と言う人は、無理をせず専門業者を頼ってください。

会社設立はプロにお任せ!

会社の設立には「会社設立登記申請書」「OCR申請用紙」「登録免許税納付台紙」「印鑑届書」など、様々な書類の作成、手続きが必要になります。

やはり、会社設立は専門家に任せるのが一番です。

はじめは自分でやろう!と思っていたけれど、書類をひとつ作成するにしても、案外時間がかかるものです。

今は、やるべきことの優先順位をつけて実行するほうが、効率が良い!ということになるでしょう。

やはりプロにまかせたほうが、安く、早く、確実に、そして楽に会社設立が出来るのです。

もしあなたが会社設立をする予定があるのなら、
格安報酬\12,800の株式会社設立で経費節減!

はじめての会社設立ガイドは、あなたの会社設立にお役立てください。

ピックアップ!:合同会社と株式会社

会社設立について調べてみると、「株式会社」の他に「合同会社」と言う名前を見ることがあります。 「合同・・・